蔵便り

蔵便り

チョコと一緒に飲みたいバレンタインにもオススメな日本酒5選
2015.02.01

プリンセスギンコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始の喧騒も今は昔。

駆けるように1月が終わり早くも2月へと月が替わりました。

蔵のほうでは新酒が続々と出来上がる時期にも差し迫っております。

2月といえば女性にとって(男性にとっても)大事なイベント、バレンタインデー!!!

今回はチョコのように甘く、またバレンタインのプレゼントとしてもお洒落な日本酒を紹介したいと思います。

 

尾瀬の雪解け 純米桃色にごり

尾瀬のゆきどけ

 

目見てまず印象的な色。しかし驚くことにこのお酒、一切着色料を使用しておらず、麹が桃色になる特殊な酵母を用いてこのような着色へとなっているとのこと。

甘酸っぱい味わいが特徴的なな純米酒。

私は飲んだことありませんが、蔵元である龍神酒造様は山田錦以外の米で全国新酒鑑評会での金賞を受賞した経歴もある腕の確かな蔵元。きっと期待を裏切らない味わいだと思います。

尾瀬の雪解けシリーズの評判はこちら

 

 

 

木戸泉 AFS

kidoizumi

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

日本酒自体を飲みなれていない人にもオススメな甘みと酸味が特徴的な日本酒というよりも白ワインのようなお酒。

通常、日本酒は添・仲・留という三段仕込みで仕込まれるのですが、このお酒についてはなんと一段仕込み

それ故に甘みと酸味が特徴的な味わいとなるようです。

AFSという名前はお酒の開発に携わった3名の頭文字を綴ったものとのことです。

木戸泉シリーズの評判はこちら

 

 

カワセミの旅

 

junmaigenshu-kawaseminotabi-720ml-300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚きの日本酒度(日本酒の甘辛を示す数値。マイナスなほど甘い)-30

甘さはもちろんですが、果実のような香りが特徴的なお酒で日本だけでなくフランスのショコラティエにも絶賛されているお酒。

可愛いラベルも特徴的ですね。

越の華シリーズの評判はこちら

 

 

ひめぜん

e34710ab54e68079fcd98617a7a6443f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの超有名蔵元、一ノ蔵が醸したさわやかな酸味と柔らかな甘みがバランスよく調和した全く新しいタイプの日本酒。

燗にしても甘さの中に感じる清らかな酸味がより際立ち、冷やで飲む時とはちがった別の楽しさを提供する。

寒い日の夜、ホットカルピスの代わりにひめぜんを燗で飲むようになったという人も・・・。

 

 

プリンセスギンコ

プリンセスギンコ

00002045 Princess Ginkgo 500ml

 

 

 世界初!?となるイチョウの花から分離した酵母によって醸した純米酒!驚きの日本酒度(日本酒の甘辛を示す数値)は-40!!!

 

日本酒と言えば居酒屋で熱燗・・おちょこでグイッと・・辛いものだなんて言う親父臭い印象を一味も二味も覆します。

 

甘酸っぱさを特徴としながらも、木曽三川系の水のまろやかさが酒の中に生きた食前酒、食中酒としても楽しむことができるお酒です。

 

花酵母のお酒は、甘くて飲み口はいいけれど酸味が強くて食事のお酒には向かないという通説があります。

 

しかし、うちの蔵人が県内の食品工業技術センター様との半年以上にも及ぶ、試験仕込みと分析によって見事に花酵母、そして純米酒としての甘さを基調としながらも酸味を抑えた食事に寄り添うお酒を造ることに成功しました。

 

是非是非一度飲んでみて感想をおしえてください。

 

 

長くなりましたがこれにて。駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

総務 内藤

 

応援クリックお願いします(●´ω`●)

日本酒 ブログランキングへ


焼酎 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 


PAGETOP