蔵便り

蔵便り

酒の安売り規制が入るらしい 前編
2015.04.17

 

resize1-194x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、ふとヤフーニュースを見ていたら。。

 

国がついに酒の安売り規制をするらしい・・

 

 

酒の過剰な安売り厳罰化…自民法改正案、国会へ

 

自民党は14日、酒の過剰な安売りを規制するため、酒税法などの改正案を今国会に提出することを決めた。

 財務相が適正とする取引基準を定め、従わない業者には是正命令や免許の取り消し処分をできるようにする。量販店などによる安売り競争で経営が苦しくなった小規模小売店を救済する狙いがある。一方で、規制は酒の実売価格上昇につながりかねず、消費者の反発を招く可能性がある。

 改正案では、仕入れ原価や製造コストを下回るような安値販売を禁止する取引基準を設ける。命令に従わない場合は、関連免許などを取り消す厳罰化も盛り込んだ。今国会で成立後、1年以内の施行を目指している。

 具体的な基準は財務省が今後検討するが、メーカーが製造にかかった費用を下回る価格で販売したり、卸業者が取引先の小売店に販売実態に合わない多額の販売奨励金を出すことなどを禁じるとみられる。

 国税庁は酒の乱売に歯止めをかけるため、2006年に販売指針を打ち出したが歯止めをかけられなかったため、罰則を設けた法改正を行うことにした。

 自民党は過度な値下げにより乱売となり良質な小売店まで淘汰(とうた)されると、消費者にもマイナスとなると規制導入に理解を求めたい考えだ。

 

~yahooニュース酒の過剰な安売り厳罰化…自民法改正案、国会へより引用~

 

 

酒の安売り規制について3点でまとめてみた(完全に自分目線で)

①why ~なぜ行うのか~

 

大手量販店の仕掛ける安売り競争により、経営が苦しくなった小規模小売店を救うため

 

②how ~どのように行うのか~

 

新たな取引基準の規定を設定。酒類の販売業者が違反した場合について、罰金を取るまたは酒類販売免許を取り消す等の処分

 

③when ~いつから行うのか~

 

2015年4月より一年以内。(2016年4月までには)

 

 

突っ込みを入れたくなったので入れてみる(完全に自分目線で)

①why ~なぜ行うのか~

 

大手量販店の仕掛ける安売り競争により、経営が苦しくなった小規模小売店を救うため
∩___∩         |
| ノ\     ヽ        |
/  ●゛  ● |        |
| ∪  ( _●_) ミ       j
彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
\ /___ /

 

安定した酒税の確保の為といえばいいのでは。

 

大手量販店の仕掛ける安売り競争により、経営が苦しくなったのは、酒類だけではない全業界においての問題では。

 

僕の主観だけども、衣料業界なんかは特にそう思う。古くからある町の服屋さんはどんどんなくなっていった。そして、現在どの業界においても専門の小売店については非常に厳しい戦いが強いられていることは事実。

 

酒類業界だけの問題じゃない。小規模小売店の苦しい現状は。

 

ただし、大型店の安売り競争によって消費者はひとつのお店で生活に必要なものすべてを手に入れることができるようになった。

 

消費者にとっては昔より今の方が便利な世の中になってしまっていることも事実。

 

それは僕の服の90パーセントがイオン内のユニクロで買ったものであることを見てもあきらか!

 

今更だけど、1990年代に酒類小売規制の緩和をしてどこのお店でも簡単にお酒を販売できるようにしたとき、この問題についてはもう起こることは見えていたはず。

 

それでも、酒類小売規制の緩和をしたのは、酒の販売網を増やすことで酒税という税収を増やしたかったから。

 

それが今更、小規模小売店を救うためといわれてもなんだかなぁという気持ちになってしまう。

 

実際に、2006年度より酒の安売りについての販売規制については行われたわけだが2006年度よりも今の方が酒の安売りについては加速していることは事実だ。

 

2006年の時よりも原材料は上がっている。それでも酒の値段は上がらない。

 

 

 

 

②how ~どのように行うのか~

 

PAK75_kocchitonnnayo20150109075655500-thumb-260xauto-12079

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな取引基準の規定を設定。酒類の販売業者が違反した場合について、罰金を取るまたは酒類販売免許を取り消す等の処分。

 

簡単そうに見えるけど、これは相当難しいと思う。

 

まず、取引基準ってどうやって決めるんだろうか。

 

改正案では、酒類の取引基準を新たに設定し、仕入れ価格や販管費、利益を度外視した合理的でない販売価格は設定できなくするとのことだが、そもそも仕入れ価格について大手業者と町の酒屋さんでは大きく違う

 

Aという商品があり。小売価格が1000円とする。

メーカーの製造原価は600円とする。(但し、運賃を含まない)

ここで大手業者と町の酒屋さんに売る場合。

 

大手業者  ひと月ごとに1回で5000個買うから750円で売ってください。

町の酒屋さん ひと月ごとに1回で100個買うから850円で売ってください。

 

商品1個ごとの粗利で比較してみる

 

大手業者に売る場合  50000円でトラックを1台チャーターして配送する。1個当たりの運賃は10円。

750(大手さんへの売値)-10(商品1本にかかる運賃)-600(製造原価)=140(粗利)

 

町の酒屋さんに売る場合     5000円かけて路線便で配送する。1個あたりの運賃は50円。

850(町の酒屋さんへの売値)-50(商品1本にかかる運賃)-600(製造原価)=200(粗利)

 

 

 

100円違う値段で売っているのに、メーカーにとっての粗利は60円しか違いがなくなってしまう。

それほど運賃にかかるメーカーへのウェイトは高い。

 

ひと月の粗利で比較してみる

大手業者に売る場合

140(商品1個での粗利) ×   5000(本)  =700000

町の酒屋さんに売る場合

200(商品1個での粗利) ×100(本)=20000

 

どのメーカーについても特別な理由がない限り、大手業者に売りたいと考えるはずだ。

メーカーは売れるにしろ売れないにしろ商品を製造し続けないといけない宿命にある。

そういう意味で大手業者からの注文は大変助かるはずだ。毎日の製造ラインの組み立てができるから。

たとえ値段をたたかれようとも従業員を雇用していくためには毎日の安定した製造ラインは不可欠となる。

 

となると、今回の規制。

 

大手業者については仕入れ価格や販管費、利益を度外視した合理的でない販売価格は設定できなくするとのこと。

 

 

まてよ・・・

 

 

大手業者はもっと安い価格で仕入れを行うことができれば、今と同じ激安価格で売っても問題ないのではないか・・・?

 

 

HIRA88_nihikisorottesc20140809134818500-thumb-1406x800-5901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはメーカーにとって、今まで以上にまずいことになってきた。。。。

 

 

前述したように、酒類メーカーの多くが現状として大手業者による売り上げに大きなウェイトを置いてしまっていることに疑いの余地はない。

 

今回の規制により大手業者が現在の小売値で消費者にお酒を売ろうと考える際について、一番簡単なことは

 

メーカーからの仕入れ値をさらに安くする。

 

まず、僕ならそう考えるのだが間違っているのだろうか。

 

そして、酒類メーカーは悲しいことに、その要求にこたえないわけにはいかないだろう。

 

何故なら、一部カテゴリは除き、日本全国の酒類全体としての売り上げは毎年下降しているからだ。

 

大手からの仕入れ価格の値下げ要求を断ることは簡単だが、代わりとなる売り上げ先を見つけなければメーカーは商品を製造していくことができなくなる。

メーカーが商品を製造できなくなれば、会社も続けていけないだろう。

 

もちろん、他のメーカーにはない、お客さんに愛される商品をいくつも持ったメーカーであればそういった大手業者の値下げ要求についても拒否することはできるだろう。

 

しかしそういったメーカーばかりではない。

 

現実として酒類メーカーは日本全国に数千とありそのすべてのメーカーがそういったキラー商品をもつことは不可能だ。

 

 

何か悲観的な話ばかりになってきた(・へ・)

長くなってきたのでこの話題については前編、中編、後編でわけていきます。
(⌒)    ピッ
/ ̄ ̄|        ∧_∧
| ||.  |     ━⊂(・∀・ )
\__|    ========  \
|   |   /※※※※ゞノ,_)
 ̄ ̄   ⌒~⌒~⌒~⌒~⌒

 

宣伝に、うちのキラー商品『眠れる黒猫』です

img1-22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGETOP