会社概要

当社の酒造り
文政9年(1826年)より始まった弊社の酒造りですが、自社の社員のみでお酒を醸すようになったのは2011年からとなります。
少量生産ながらも誰もがおいしいと満足のできるお酒を造る為、自社の社員で酒造りのすべての工程に携わりたいと考えました。
食中酒というイメージを超え、そっと酒が料理に寄り添いまた料理が酒に寄り添うような お酒を造りたいというのが木曽三川のコンセプト
現代では全国の蔵元でも稀少となった箱麹製法での麹の手造り。雪降りしきる厳寒期の中、氷点下を割り込む水温でのお米の手洗い。
南部杜氏の手造りの伝統を受け継ぎ、最新の設備を導入してのお酒の管理にも注力していきました。
全ては最高のお酒を造り、飲んでいただく為に。
お客様に清酒木曽三川を飲んでいただいたとき、他の清酒とは一味違った香りや味わいと共に私たちの人間味を感じていただくことまでできたなら、それ以上に幸せなことはありません。

会社概要

名 称 内藤醸造株式会社
所在地 〒495-0022 愛知県稲沢市祖父江町甲新田高須賀52-1
電話番号 (代表)0587 (97)1171
FAX 0587(97)2147
創 業 文政9年(1826年)
会社設立 昭和24年11月28日
代表者 代表取締役 内藤 勇
資本金 8,300万円
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 他
事業内容 酒類の製造及び販売
[製造品目]清酒・合成酒・焼酎甲類・焼酎乙類・みりん
販売地域 地元中京地区を始めとするほぼ日本全域及び一部海外

会社沿革

当社は、愛知県西部を流れる木曽川に隣接し、文政9年(西暦1826年)、初代内藤利助が年貢米により酒の醸造を始めてより約180年続き、現社長で7代目となります。
戦後、焼酎甲類・焼酎乙類・合成清酒・みりんの製造免許を取得し、総合酒類メーカーとして現在に至ります。
清酒の特定名称ブランドである「木曽三川」をはじめ、焼酎・合成酒・みりん等 現在年間約2500klをほぼ日本全国のエリアに得意先様を通じて販売しております。

アクセス

PAGETOP